月別アーカイブ: 8月, 2022

オーデマ・ピゲ コーデ11.59発売、大きな「リアル」シーンを観に行こう。

オーデマ・ピゲ コーデ11.59発売、大きな「リアル」シーンを観に行こう。

オーデマ・ピゲは、このほど「CODE 11.59」コレクションに、フローティングトゥールビヨンの複雑機構を搭載した自動巻きクロノグラフや、色違いの文字盤を持つ自動巻きクロノグラフなど、オーデマ・ピゲの高級時計製造技術を改めて作品として伝えるモデルを多数発表しています。 昨年の正式発表時には、議論も肯定もされなかったこの話題のコレクションが、わずか1年で大きな “現実 “の出来事となったのです。 今日は、多くの時計愛好家にとって「たまらない」コレクションについてお話します。

まずは新作「CODE 11.59 Automatic Tourbillon Floating Chronograph」です。オーデマ・ピゲが初めて、クラシックで格調高いフローティングトゥールビヨン機構とモダンでスポーティなフライバッククロノグラフ機能を組み合わせたモデルです。 この洗練された複雑な時計は、高級時計製造の伝統に現代的な建築的なひねりを加えたものである。 50本の限定生産で、オーデマ・ピゲが初めてフローティングトゥールビヨンとクロノグラフ機能を融合させたモデルです。

オーデマ・ピゲ CODE 11.59 フローティングトゥールビヨン 自動巻クロノグラフ

オーデマ・ピゲ CODE 11.59 フローティングトゥールビヨン 自動巻クロノグラフ

ムーブメントの複雑な機構の一部は、3時と9時位置の透明なクロノグラフのサブダイヤルで見ることができ、6時位置ではフローティングトゥールビヨンが連続回転し、視覚的に印象的な演出をしています。 ブルーラッカー仕上げのインナーベゼル、ホワイトゴールドの針、ホワイトゴールドのクロノグラフサブベゼルが、時計にさりげない色彩を添えています。

サテン仕上げとサンドブラスト仕上げが施されたスケルトンブリッジの間からは、自社製ムーブメント、キャリバー2952を見ることができます。 この新しい自動巻きムーブメントは、フローティングトゥールビヨンとフライバッククロノグラフコンプリケーションを搭載し、ブリッジやケースの色調と調和するロジウムトーンのスケルトン仕上げの22Kピンクゴールド製ローターを備えています。 オーデマ・ピゲの真摯な新作といえるでしょう。

ノベルティ」なのか「クラシック」なのか?

CODE 11.59コレクションがみんなの目に留まったとき、多くの人が「ちょっと変だ」と言ったものです。 これは、丸いケースに八角形の中駒を埋め込んだ珍しい形をしているためだ。 オーデマ・ピゲの公式な言葉を借りれば、「創造性とクラフツマンシップの限界に挑む、ケースデザインへの革新的なアプローチ」です。

新型クロノグラフ「CODE 11.59」。
実は、オーデマ・ピゲの時計職人が初めて八角形の時計を製作したのは、今から100年前。 八角形は建築デザインから派生し、アールデコやジュエリーのデザインに登場した。 21世紀、オーデマ・ピゲの時計職人たちは、明らかに技術的な過去から脱却し、時計のパーソナライゼーションを次のレベルへと高めたいと考えていました。

新型「CODE 11.59 クロノグラフ

ユニークなデザインのケースと、時計のラグ下部を透かし彫りのラグ上部の極薄ベゼルに溶接するディテールにより、CODE 11.59はクラシックと革新が融合したオーデマ・ピゲ、現代の美学と栄光の過去への賛辞を表現しています。
II.スモークグラデーションディスクとツートンカラーケースで選択肢が広がる

今年、オーデマ・ピゲは「CODE 11.59」コレクションとして、5つのクロノグラフモデルと5つの自動巻きモデルを含む10種類の新作を発表します。 そのうち8枚はスモーキーなグラデーションのディスクデザインを採用しています。 パープル、レッド、ブルーの3色の鮮やかなカラーとグラデーションデザインの組み合わせは、とても印象的なものになるでしょう。

オーデマ・ピゲのデザイナーは、ブルー、バーガンディ、パープル、ライトグレー、ダークグレーの色調で装飾されたスモーキーな放射状のデザインのラッカー文字盤を独創的に作り上げました。

自動巻きの新モデル「CODE 11.59」。

パープルの文字盤を持つ新しいCODE 11.59

今回の新作「CODE 11.59」では、これまで男性用の紫色の文字盤はほとんど発表されていませんでした。 エレガントな紫色は、18Kピンクゴールドとの組み合わせで、より紳士的でユニークな新しい「CODE 11.59」コレクションを実現しています。

ブルー文字盤の新型「CODE 11.59」。

光の有無にかかわらず、このグラデーションの美しさと繊細な仕上がりを好きにならないわけがない」と時計師は言う。
18Kピンクゴールドにスモーキーブルーのラッカー仕上げの文字盤は、紺碧の海に輝く陽光のようで、きらめく波が踊るような輝きのある装飾が施されています。

新作「CODE 11.59」レッドディスクウォッチ
スモーキーなワインレッドとラッカー仕上げの文字盤のレッドモデルは、より深く、より豊かな意味合いを持つモデルです。 これまでの2モデルとは異なり、レッドディスクのCODE 11.59は、18Kホワイトゴールドのケースに、ホワイトゴールドの針とハンドセッティングのインデックスもホワイトゴールド製となっています。

新型「CODE 11.59 クロノグラフ

文字盤の新色は、オーデマ・ピゲ CODE 11.59コレクションの現代的な構造と優れた手仕上げをさらに引き立たせています。 色」の話はこのくらいにして、もうひとつのデザインハイライトであるツートンカラーのケースについて説明しましょう。

新型「CODE 11.59 クロノグラフ
オーデマ・ピゲによれば、「オーデマ・ピゲの時計の歴史の中で、ゴールドのツートンカラーのケースを持つ作品は数少ない」とのことです。 マニュファクチュールの歴史的資料によると、1882年から1969年の間に製造・販売された550本のうち、わずか8本しか製造されなかったとされています。 このうち、ホワイトゴールドとピンクゴールドのケースを持つ時計は、1978年以前に製造された1本のみである。”

CODE 11.59」コレクションから、2色ケースの新モデルが登場
オーデマ・ピゲは今回、18Kホワイトゴールドとピンクゴールドの2トーンケースを採用した4モデルを「CODE 11.59」コレクションとして発表しています。 ダークグレーとライトグレーのディスクを持つクロノグラフと、自動巻きの時計である。

ツートンカラーケースを採用した新型「CODE 11.59」。
18Kピンクゴールドの中間層を持つこのツートーンモデルは、ベゼル、ラグ、ケースバックが18Kホワイトゴールド製で、幾何学的な構造と手作業による見事な仕上げが施され、その存在感を増しています。

ビーティンググラウンド・スケルトン “リアルゴールド “ムーブメント

自動巻きクロノグラフムーブメント「キャリバー4401」を搭載しています
2つのムーブメントのうち、自動巻きクロノグラフにはコラムホイールを内蔵したキャリバー4401クロノグラフムーブメントを搭載し、ストップボタンとゼロボタンを押すことなくクロノグラフを再開できるフライバック機能を搭載しています。

クロノグラフムーブメント「キャリバー4401」を搭載した自動巻きクロノグラフ。

時計職人は、”仕上げ、ムーブメント、これは芸術品ではないか “と言う。

特許取得のゼロ調整機構により、各クロノグラフのサブダイヤルの針はスムーズにゼロに戻り、垂直クラッチ機構により、クロノグラフのスタート時やストップ時に針が揺れないようになっています。 キャリバー4401は、コラムホイールやクロノグラフ機能をゼロにする際のゼロハンマーによる繊細な「ダンス」など、通常は見えない機能部品を見せることで、デザイン面でも常識を覆した。 この時計独自の22Kゴールド製スケルトンローターは、ムーブメントを見えなくする要素を可能な限り取り除き、より多くのディテールを鑑賞することができます。

自動巻きモデルは、自動巻きムーブメント「キャリバー4302」を搭載しています

この自動巻きモデルは、センターに秒針、瞬時に日付が表示される自動巻きムーブメント、キャリバー4302を搭載しています。 どちらのムーブメントも、デザインと時計製造のノウハウの両面において、オーデマ・ピゲの卓越した時計製造技術を証明しています。 そのため、日常的に身につけるのはもちろん、ゆっくり鑑賞するのも楽しみのひとつです。
結論:全体として、新しい「CODE 11.59」コレクションは、時計愛好家にとってより多くの選択肢を与えてくれるものです。 文字盤、素材、デザインなど、「CODE 11.59」コレクションには、さらなる可能性が秘められているのです。

CODE11.59の発売からわずか1年で、掲示板では様子見から一斉に「本命」へと変化し、オーデマ・ピゲブティックからのフィードバックでは、今年もこのコレクションが「入手困難」であることが判明しました。 オーデマ・ピゲのブティックからのフィードバックも、今年のコレクションが入手困難であることを示しています。 これはまた、「クラシックは生まれ、しばしば疑われるが、疑われても自分自身に忠実であるからクラシックになる」という真実を教えてくれるものです。

寒さが厳しくなってきました。 革ベルトの腕時計のおすすめ3選。

寒さが厳しくなってきました。 革ベルトの腕時計のおすすめ3選。

夏の暑さが去り、早く革ベルトの時計を出したいという人も多いだろう。 確かに夏は汗をかきやすく、革ベルトの時計をつけているとベルトが傷むことがあるが、秋から冬にかけてはベストシーズンといえるだろう。 ブランドコピー時計レザーストラップは、スチールストラップよりも温かみがあり、見た目も上品で高級感があります。 本日は、腕元に温もりを与えてくれるレザーストラップウォッチを3点、おすすめいたします。

ロンジン ヘリテージ コレクション L2.909.4.78.3
型番:L2.909.4.78.3
直径:40mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:L899
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
コメント:お馴染みのロンジン マスターピースは、2005年の発売以来、そのエレガントな外観とシンプルで余裕のある文字盤デザインにより愛されており、それほど古いものではありません。 この時計は、シルバーの小麦色の文字盤、ラッカー仕上げのアラビア数字、柳型の針など、クラシックな「マスターピース」のデザインを踏襲しています。 文字盤には円形のムーンフェイズ表示と6時位置の日付窓を備え、高いコストパフォーマンスを実現しています。 なお、この時計には、ほぼ同様のデザインのレディースウォッチもあり、カップルウォッチとして着用することも可能です。

ボーム&メルシエ CLIFTON BAUMATIC 10398
型番:10398
直径:40mm
ケース厚:10.3mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:バウマティック BM12-1975A
ケース素材:ステンレススチール、ポリッシュ/サテン仕上げ
防水性能:50メートル
ウォッチレビュー:2018年初頭にジュネーブで開催されたサロン・ド・オート オルロジュリーで皆と出会ったこのボーム&メルシエの時計は、見た目の豪華さや眩しいデザインはなくとも、卓越した性能とエレガンスが印象的です。 ボーム&メルシエ初の自社製ムーブメント、バウマティック™BM12-1975Aを搭載し、ポリッシュ仕上げのパターンが特徴的で、精度は日差-4/+6秒、パワーリザーブはこの価格帯の時計としては優秀なものである。 この時計には5つのスタイルがあり、ここでは主に、白い文字盤に爽やかで自然なマッチングを見せるステンレススチール製のブルーストラップモデルを紹介しますが、好みに合わせて他のスタイルを選ぶことも可能です。

モンブランスター U0124341
型番:U0124341
直径:39mm
ケース厚:9.35mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:MB 24.09
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
ウォッチレビュー:万年筆の製造を起源とする高級ブランドであるモンブランは、近年、時計の分野でも勢いを増している。 スターコレクションはモンブランの中でも重要なコレクションで、今年の前半の「サーティオンリー」で王曼尼が着用していたものです。 直径39mmで男女問わず着用でき、適応性が高い。 文字盤にはモンブランの特徴である放射状の六芒星ギョーシェ模様が施され、認知度が高く、レイルウェイサークル風のシックなミニッツサークルも特徴である。

結論:寒くなるとスチール製のストラップは適さなくなり、秋冬は柔らかくて軽いレザーストラップの本領発揮となる。