クロノメーター認定にアップグレード! スピードマスター ムーンウォッチ」の新作が登場

クロノメーター認定にアップグレード! スピードマスター ムーンウォッチ」の新作が登場

オメガは、新しい「スピードマスター ムーンウォッチ」を発表します。 新しいムーンウォッチは、新しいヘビー級を強調します。 今年、「スピードマスター ムーンウォッチ」が全面的にバージョンアップしました。 デザインは、「スピードマスター」の特徴的なスタイルを継承し、初期のプロトタイプのクラシックなディテールを忠実に再現し、内蔵ムーブメントは15000ガウス耐磁のクロノメータームーブメントにグレードアップしています。 新しいムーンウォッチは、スピードマスターファンだけでなく、宇宙ファンも興奮させるに違いありません。

スピードマスター ムーンウォッチ」は、ブランドを代表するモデルのひとつです。 この伝説的なクロノグラフは、人類の月への6回のミッションに参加し、ブランドのパイオニア精神を体現しています。

ブラックのダイアルには、スモールセコンドダイアル、30分計、12時間計、そしてオメガが特許を有する18Kローズゴールド合金であるセドナゴールド™ゴールドのアワーマーカーが配されており、ゴールドと銅およびパラジウムを組み合わせることにより、ゴールドウォッチは長時間にわたり輝きを放ち続けます。

文字盤にスモールセコンド、30分積算計、12時間積算計をセット

この18Kゴールド製42mm「ムーンウォッチ・セドナ」のブレスレットは、5つのアーチ型リンクを横に並べたもので、サファイアガラスのクリスタルとケースバックを備えています。

月面に降り立った人々が身につけた第4世代の「スピードマスター」のスタイルにインスピレーションを受け、非対称のケース、ブラックの「ステップ」ダイアル、アルマイト加工されたベゼル上の有名な「Dotover 90」のマーキングも特徴的です。

ブレスレットの詳細

手巻きコーアクシャル・クロノグラフ・ムーブメント。 スイス連邦計量研究所(METAS)により、15,000ガウスまでの強磁場に対する耐性を示す、業界の上位認証基準であるクロノメーター・エクセレンス認証を取得しました。 50時間のパワーリザーブを備えるオメガ3861クロノメータームーブメントは、スモールセコンドダイヤル、30分積算計、12時間積算計、およびセンタークロノグラフ機能を駆動します。

まとめ:国内価格は280,200元、スピードマスター ムーンウォッチの新ムーブメントがクロノメーター認定にアップグレードされ、新世代のスピードマスター ムーンウォッチの性能を業界内でより高い水準に引き上げることができました。 オメガは、業界を新しい方向へ導く革新的な技術を開発し続けています。 また、新型「スピードマスター ムーンウォッチ」には、5年間の保証が付いています。

“オメガの魂”、オメガの新世代モデル「3861 Moon Superlative」を徹底解剖

“オメガの魂”、オメガの新世代モデル「3861 Moon Superlative」を徹底解剖

長らく噂されていた、スティールケースに収められた手巻きキャリバー3861のムーン・スピードマスターが、今年の初めについに発表された。 オールゴールドのキャリバー3861アポロ11号50周年記念モデル(1014本)の発売後、3861ムーブメントを搭載したスチールケース・バージョンがいずれ発売されることは皆さんご存知だと思いますが、この日は予想より早くやってきました。

オメガの新世代キャリバー3861手巻きムーンライト・スピードマスター(スティール製)。

本日は、スチールケースキャリバー3861 マニュアルムーンライズスピードマスターについてわかっていることをまとめ、新世代のスチールケース3861 マニュアルムーンライズスピードマスターと、前世代のスチールケース1861/1863スピードマスターの細かい違いについて詳しく解説していきたいと思います。 一目でわかるように。

オメガ ニュージェネレーション スチールケース 3861 マニュアル式ムーンライズ スピードマスター」は、従来のスチールケース1861/1863キャリバー「マニュアル式ムーンライズ スピードマスター」の後継モデルです。

主なスチール2機種を含め、基本は以下の通りです。

1.スチールケースとスチールブレスレット、シースルーモデル、公開価格57,500円:サイズ42mm、厚さ13.2mm、アルミニウムベゼル、サファイアクリスタル、3861マニュアルクロノグラフムーブメント、運動シースルー使用、立体金属オメガロゴ。 2本の細いリンクにポリッシュ仕上げを施したブレスレット(ストラップ付きもあり)。

オメガ新世代キャリバー3861手巻きムーンアセンダー スピードマスター、サファイアガラス、シースルーバックバージョン。

2.スチールケース&スチールブレスレット、クローズドバックバージョン、公開価格50,500円:サイズ42mm、厚さ13.6mm、アルミニウムベゼル、アクリルクリスタル、フラットプリントオメガのロゴ、3861マニュアルクロノグラフムーブメント使用、動きはシースルーではありません。 ブレスレットはフルブラッシュ仕上げ(ストラップバージョンもあり)。

オメガ新世代キャリバー3861手動式月面着陸スピードマスター、アクリルガラス、クローズドバック仕様。

このように、スチールケースの新世代キャリバー3961手巻きムーンライト・スピードマスターでは、2つのバージョンにいくつかの相違点があります。 サファイヤクリスタルのシースルータイプは、一般価格がやや高いが高級感があり、アクリルガラスの不透明タイプは、アクリルガラスと無垢のケースバックを使用しているため、一般価格は比較的安いが、歴史あるアンティークウォッチのスタイルに忠実である。 2つのモデルのうち、より多くのプレイヤーがサファイアクリスタル製のシースルーモデルを選ぶはずです。 なんといっても、サファイアクリスタルは傷がつきにくく、シースルーのケースバックからは手巻きムーブメント3861の美しさを見ることができます。

オメガの新世代キャリバー3861搭載の手巻きムーンライト・スピードマスターは、異なるストラップが用意されています。

オメガの新世代モデル、スチールケースの3861手巻きムーンスピードマスターは、歴史的な「ムーンウォッチ」を直接受け継ぐ、純粋な血統を持つモデルです。

オメガ スピードマスターは1957年に誕生し、その間に初期のスピードマスターは外観の進化により大きく4つの世代に分けられました。

初代「スピードマスター」:1957年発表。ブロードソード針(矢型時針)、ショルダーガードなし、手巻きクロノグラフムーブメント321を搭載。

オメガ・スピードマスターの第一世代

2代目スピードマスター:1959年発表、アルファ剣型針、ショルダーガードなし、手巻きクロノグラフムーブメント321を使用。

オメガ スピードマスター セカンドジェネレーション

3代目スピードマスター:1964年発売。棒状の針、リュウズ、クロノグラフのプッシャーにショルダーガードがなく、手巻きクロノグラフムーブメント321を使用。

オメガ スピードマスターIII

4代目スピードマスター:1967年発売。棒状の針、リュウズ、ショルダーガード付きのクロノグラフプッシャー、321の手巻きクロノグラフムーブメントが特徴。 1969年、月面着陸。

オメガ・スピードマスターの第4世代

第4世代のスピードマスターの一つである321マニュアル・クロノグラフ・ムーブメントは、1968年に861マニュアル・クロノグラフ・ムーブメント(現在の1861、1863マニュアル・クロノグラフ・ムーブメントの前身)に置き換わりました。 それ以降、オメガ ムーンライト・スピードマスターのモダンな外観が決まり、第4世代のスピードマスターは、その外観とムーブメントから現在に至るまで使用されています。

1996年、おなじみ、1861/1863手動式ムーンウォッチが発売されました。歴史的な4代目のムーンウォッチの概観はそのままに、キャリバー861を1861/1863にアップグレードしました。861は真鍮板、ムーブメントは真鍮色、1861/1863はロジウムメッキ板、現在のシルバームーブメントは金属部分が少し残っている状態です。

オメガ 1861 マニュアル式ムーン・スーパーラティブ

2021年、一般的な外観はそのままに、ムーブメントを3861に変更し、歴史的な継承を完了した新世代の「3861 マニュアルムーン スピードマスター」が発表されました。 このため、オメガの新世代モデルであるスティールケースの「3861 ハンドメイド ムーンスピードマスター」は、歴史的な「ムーンウォッチ」を直接受け継ぐ、純粋な血統を持つモデルなのです。

オメガ、新世代のキャリバー3861搭載の手巻きムーン「スピードマスター」を発表

スチールケースの新世代モデル「3861ハンド・ルナ・スピードマスター」は、先代モデル「1861/1863ハンド・ルナ・スピードマスター」と何が違うのでしょうか。

前項からお分かりのように、オメガ手巻きムーンスピードマスターは、「第4世代」が確定した1967年から、ムーブメントの交換を除き、大きな変化はありません。 スチールケースの新世代モデル「3861 ハンドメイドムーン スピードマスター」で、最大の変更点は新型手巻きクロノグラフムーブメント「3861」です。

新世代の3861ムーンライト・スピードマスター(左)と先代の1861ムーンライト・スピードマスター(右)、ディテールの違いにご注目ください。

手巻き式ルナークロノグラフは、新旧のモデルが一目でわかるように、外観がどれもよく似ているからだ。まず、スチールケースの新世代手巻き式ルナークロノグラフ「3861」と旧世代手巻き式ルナークロノグラフ「1861/1863」で、一目でわかる特徴に着目してみよう。

針を見てください。新しい3861 Moon Superbでは、中央の秒針の先が「菱形の先端」になっていますが、古い1861 Moon Superbでは、「平らな先端」になっています。

新作の3861ムーンスーパーバは、秒針が尖っているのが特徴です。

文字盤の目盛りを見てください。新しい3861ムーンスーパーバは各秒の中央に「2チャンネル目盛」、古い1861ムーンスーパーバは各秒の中央に「4チャンネル目盛」を備えています。 これは、新しい「2チャンネルスケール」が毎時21,600振動、3hz/6分の1に正確に対応するためです。

新しい3861ムーンスピードマスターでは、1秒の間に2つの目盛りがあります。

オメガのロゴを見てください。新しい3861スピードマスターとプロフェッショナルは上下のサイズが同じで、古い1861スピードマスターは短く、プロフェッショナルは長くなっています。

新しい3861スピードマスターは、上下2文字で同じ長さです。

ベゼルの数字の目盛りを見てください。新しい3861 Moon Superbは90の上にあるベゼルの目盛りの90の数字の横に「点」があり、古い1861 Moon Superbは90に平行に「点」があります。

新しい3861ムーンスーパーバは、ベゼルの目盛りが90より上のドットになっています。

無垢のケースバックモデルなど、新旧モデルの刻印の違いはありますが、時計ヘッドの特徴を見れば、その特徴を確認することができます。

さらに、新世代の3861マニュアルルナスーパーバイクは、新しいクラスプを備えています。 クラスプのアップグレードはすばらしいと思います。 旧オメガのクラスプは個人的に好きではなかったため、新しいクラスプはより洗練され、とても気に入っています。

新型クラスプを搭載した新世代モデル「3861ムーン・スピードマスター」。

新旧クラスプの比較。

オメガ ムーンライズ スピードマスター、第4世代ムーブメント、3861マニュアル・クロノグラフ・ムーブメント。

オメガの新世代ムーブメント「3861ムーン・スーパーバ」に搭載されている手巻きクロノグラフ・ムーブメントは、「第4世代」のムーン・スーパーバといえるでしょう。

新世代の手巻きクロノグラフムーブメント3861を搭載した「ムーンスーパーバ」。

1957年から1968年までの第一世代:コラムホイールと水平クラッチを備えた手巻きクロノグラフムーブメント321(321レプリカムーンスーパーバは現在も使用されている)。

第2世代(1968年~1997年):861マニュアル・クロノグラフ・ムーブメント、カム、水平クラッチ。

第3世代、1997年から2020年まで、1861/1863手巻きクロノグラフムーブメント、カム、水平クラッチ(1863ムーブメントは1861より少し装飾が良いが、基本的には同じ)。

第4世代、2021年から現在、3861手巻きクロノグラフムーブメント、カム、水平クラッチ。

オメガ ムーンライト・スピードマスター、最初の3世代のムーブメント、左からキャリバー321、キャリバー861、キャリバー1861/1863。

オメガ ムーンライト・スピードマスターのムーブメントは、861ムーブメント以来、一歩一歩改良とアップグレードの道を歩んできたのです。 新型ムーブメント3861は、1861ムーブメントを技術的にグレードアップさせたものです。 新しい3861ムーブメントは、1861ムーブメントのオリジナルカムと水平クラッチボディの構造を維持しながら、1861ムーブメントの部品の50%を置き換え、8個のジュエルベアリング(3861は現在26個)を追加しています。 主なアップグレード内容は以下の通りです。

新世代の手巻きクロノグラフムーブメント3861を搭載した「スピードマスター 3861 ムーンライズ」。

キャリバー3861は、キャリバー1861の伝統的なレバー脱進機をオメガの特徴であるコーアクシャル脱進機に変更し、クロノメーターパーフェクト認定、日差0/+5秒、15000ガウス耐磁性能を備えています(一部の情報では、キャリバー1861の以前の計時基準は-1/+10であったとされています)。

キャリバー3861。キャリバー1861の早針と遅針に代わり、カーディナルウェイトのない微調整されたテンプが搭載されています。 シリコン製ヒゲゼンマイとオメガ「ダブルT」ショックアブソーバーの交換。 キャリバー1861では不可能であったストップセコンド機能を追加。

新しい3861ムーブメント(左)と従来の1861ムーブメント(右)の比較

結論から言うと

私の個人的な観点から、そして同時に私はいくつかのプレイヤーが私の意見を共有していると思う、あなたがオメガから1つだけ時計を購入する場合、それは間違いなくスピードマスターになります;あなたはスピードマスターから1つを選択した場合、それは間違いなくマニュアル月光スピードマスター(現在のレプリカ321月光スピードマスターと3861月光スピードマスター、ここで3861のために含む)される。

オメガの新世代キャリバー3861搭載の手巻きムーンライト・スピードマスター、ゴールドケースバージョン。

ムーンライト・スピードマスターは、オメガの最も有名で重要な腕時計の一つです。 そして、オメガがこの時計をデイトナのような管理供給ではなく、普通に購入できる通常供給(スヌーピーなどの特別モデルを除くレギュラーモデルを指す)にしているのも安心感がありますね。

今回、1861年製「ムーンライト・スピードマスター」に代わり、3861年製「ムーンライト・スピードマスター」が登場し、その系譜と技術的なアップグレードが完了しました。 価格が上がったのは事実ですが、3861ムーンスーパーバは今でも市場(国産時計、ビンテージ時計、小規模ブランドを除くスイスの主流時計分野)で最も低価格な「水平クラッチ式手巻クロノグラフ」です。 プレステージウォッチには「コストパフォーマンスがない」とよく言われますが、3861ムーンスーパーバは歴史的にも技術的にも世間的にも最低価格の「水平クラッチ式マニュアルクロノグラフ」なので、「コストパフォーマンスが非常に良い」という言葉しか出てきませんね。

チタン製腕時計のすすめ。

チタン製腕時計のすすめ。

チタンは高密度で硬く、耐食性に優れています。 また、鉄よりもはるかに軽く、銅のようにハンマーで叩いたり伸ばしたりすることに耐えられる素材です。 様々な時計ブランドもケースにチタンを好んで使っているので、今日はチタン製の時計を3つ紹介します。

セイコー アストロンシリーズ SSH063J1
型番: SSH063J1
直径:42.8mm
ケース厚:14.7mm
ムーブメント:5X53
ケース素材:チタン、スーパーハードコーティング
防水性能:200m
レビュー:昨年3月、セイコーはチタン製の新コレクション「アストロンGPSソーラー」を発表しました。 ノバク・ジョコビッチ選手がエンドースしたメインモデルでもある「アストロンGPSソーラー」は、1969年の初代クォーツアストロンをベースに、曲線的な輪郭、広いラグと同じデザインで完全リニューアルされました。 スリムベゼルを採用。 ケースは超硬質コーティングを施したチタン製で、全体の直径は42.8mmです。 ホワイトの文字盤には3つのサブディスクが配置され、永久カレンダー機能やボタン操作で針を正しい現地時刻に移動させるワールドタイム機能など、多彩な機能を備えています。 また、3時位置には日付窓があり、幅広の針とインデックスには、暗闇でも高い視認性を維持する環境に優しい夜光塗料「ルミブライト」が塗布されています。 光からエネルギーを得るため電池交換が不要なセイコー最先端の薄型GPSソーラームーブメント「5X53デュアルタイムムーブメント」を搭載しています。 調整しやすい3枚刃のプッシュボタンクラスプ付きチタンブレスレットを添えています。

ハミルトン カーキ ネイビー H77805380
モデル番号:H77805380
直径:46mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:H-10
ケース素材:チタン
防水性能:100m
レビュー:ハミルトン カーキ・ネイビー・フロッグマンは、アメリカ海軍の特殊部隊「フロッグマン」のために作られた時計で、1951年の映画「フロッグマン海中」にも登場しています。 直径46mmのチタン製ケースに収められ、側面にはヘリウムドレナージバルブ、軍用カンテンに着想を得たユニークなリューズプロテクターが装備されています。 ディープダイビングのために設計されたこの時計は、より過酷な水中環境に耐えうるよう、総水深1000mまでの防水機能を備えています。 赤い逆回転防止ベゼルにはダイビングスケールが刻まれ、サテン仕上げのグレー文字盤は4時半の位置に日付窓があるだけで、極めてシンプルなデザインとなっています。 アワーマーカーと太い針にはスーパールミノバ®が塗布され、水中でも視認できるようになっています。 ムーブメントには、完全に巻き上げた状態で80時間のパワーリザーブを実現するH-10を搭載しています。 ラバーストラップが付属し、チタンケースを採用することで、大きすぎる時計でも手にしたときに非常に軽く感じられるはずです。

ミドー パイロッツウォッチ M026.627.44.041.00
型番:M026.627.44.041.00
直径:44mm
ケース厚:15.63mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:キャリバー60
ケース素材:チタン
防水性能:200メートル
コメント:ミドーの新作「パイロット・ウォッチ・マルチモーション・クロノグラフ・チタン」は、人気の「パイロット・ウォッチ」コレクションのために特別にデザインされた多機能クロノグラフ機能を搭載したタイムピースです。 ケースはサテン仕上げとポリッシュ仕上げを施したチタン製で、直径44mm、サテン仕上げの逆回転防止ベゼルにブルーセラミックのリングとダイビングスケールが刻まれています。 ブルーの文字盤には、外周に船の航海速度を計測するマリンタキメーター、2つのスモールディスク、3時位置に30分計、9時位置にスモールセコンド、中央にオレンジ色のエンドクロノグラフ秒針、そして6時位置に日付窓が配されています。 アワーマーカーとペンシル型の時針・分針には夜光塗料が塗布されています。 ETA A05.H31ムーブメントをベースとした自動巻きキャリバー60を搭載し、完全に巻き上げた状態で60時間のパワーリザーブを実現しています。 チタン製のブレスレットが付属しています。

トレンドセッター。 タグ・ホイヤー初のべっ甲柄の時計。

トレンドセッター。 タグ・ホイヤー初のべっ甲柄の時計。

タグ・ホイヤーの「アクアタイマー」は、特徴的なダイビング要素、耐久性やムーブメント性能の良さ、コストパフォーマンスの良さなど、多くの時計愛好家が入門用ダイバーズウォッチとして愛用しているモデルです。 昨年9月、タグ・ホイヤーはブランド初のべっ甲柄ベゼルのダイビングウォッチを発表し、これまでのダイビングウォッチシリーズとは一線を画すパイオニア的なデザインを実現しました。 FT6177です。

タグ・ホイヤーは、モータースポーツとの関わりが深いだけでなく、ダイビングウォッチの分野にも古くから携わっています。 1895年、タグ・ホイヤーは初の防水懐中時計ケースの特許を取得し、1950年には、当時としては珍しい海にまつわる2つの表示、タイドインジケーターとボートレースダイヤルを備えた初のマレオグラフ・クロノグラフを発表しました。 型番のPはフランス語で潜水を意味するダイバーズクロノグラフ、844。

その後、タグ・ホイヤーは、1980年代前半に初のプロフェッショナル向けダイバーズウォッチ「2000」コレクションを発表し、新しいダイバーズウォッチには6つの特別な実用機能を搭載すると発表しました。 200m防水、ねじ込み式リューズ、逆回転防止ベゼル、ダブルセーフティクラスプ付きスチール製ストラップなど、ダイビングに関連した機能が4つ搭載されています。 これらの特徴は、’04年に誕生した「AQUARACER」コレクションにも受け継がれています。 AQUARACERという名前は、オリジナルのコレクション名がAquaとRacerという単語で構成されており、オリジナルの英語名と中国語の翻訳が、ダイビングというスポーツと競争心というオリジナルの意味を捉えていることから、私はいつも良い翻訳だと感じています。

ケースはスチール製で、直径43mm。 細かいサテン仕上げとポリッシュ仕上げの両方が施されていますが、全体のサイズが43mmと大きいため、装着感はやや難があります。

反対側のねじ込み式リューズは、誤操作やノックによるリューズの開放を防止するリューズショルダーガードで保護されています。 リュウズ上部にはブランドロゴを刻印し、外周には滑り止めのピットパターンを施し、グリップ力を高めて調整できるようにしています。 すべての防水機能のおかげで、300m防水を実現しています。

この時計の最大のデザインハイライトは、この12面ファセットベゼルです。 タグ・ホイヤーは革新的な樹脂技術を駆使して、アクアタイマーのアウターベゼルに贅沢なべっ甲の効果を生み出しました。 多くの時計愛好家は、樹脂の選択について疑問を感じていますが、樹脂が絶滅危惧種のべっ甲の効果を最もよく再現する素材であり、ブラウン、ブラック、ブラウンカラーは時計にモダンスタイルを示していることは疑いのないところです。

また、3時位置の日付窓には正方形の拡大鏡を配し、実用的な機能性も高めています。

このダイバーズウォッチの夜光にも注目です。ロジウムメッキの時針と分針、秒針にはスーパールミノバ®が塗布され、水中などの暗い場所ではライトブルーとグリーンの2トーンの夜光に変化し、時計を視認することができます。

この時計は、気密性の高いケースに、ブランドロゴなどをあしらった円形のサテン仕上げの裏蓋と、昔ながらの潜水用ヘルメットのモチーフが施されているのが特徴です。 ケースバックの下には、毎時28,800振動、完全に巻き上げた状態で38時間のパワーリザーブを持つキャリバー5自動巻き機械式ムーブメントが搭載されています。

外側にクロコダイルレザーパターンのエンボス加工を施した高品質のラバーストラップと、ダブルセーフティープッシャー付きのフォールディングクラスプが付属しています。 ブラックラバーストラップは、べっ甲のベゼルとブラックストライプのダイヤルを引き立て、時計全体の快適性とフィット感を高めています。

結論:この新しいべっ甲柄ベゼルの時計は、べっ甲柄のユニークなベゼルと耐久性のある属性があり、全体としてムーブメントは問題ないが、二つの小さな問題がある。 手首のサイズがあれば、今でもエントリーレベルのダイビングウォッチとして非常に優れていると思います。

よりカラフルになったCHANEL J12

よりカラフルになったCHANEL J12

CHANEL J12を購入する理由が必要ですか? いや、もう自然に与えられている。最初の黒いJ12を買ったら、そのもう半分の白いJ12を合わせなければならない。そして新しい黒、新しい白……。突然カラフルな色で飾られた最新のJ12は、どことなく音楽のジャンプのリズムのように、鮮やかで、そして勿論 パーティに一番乗りすることがより重要なのです。

手首から流れる音楽

白と黒の相互依存的な色彩は、シャネルの永遠の定番ですが、白と黒の絶え間ないコントラストの中にこそ、新しいインスピレーションが生まれるのです。 夜が黒いからこそ、白がより一層目を引き、華やかな色彩に火がつくのです。 電子音楽のリズムに合わせて振動し、手首を躍らせる、J12の革新性はここにあります。

シャネルの新モデル「J12」レインボーグラデーションサファイアベゼル
シャネルウォッチクリエイティブスタジオのディレクターであるアルノー・シャスタン氏は、「2021年、『LeTempsCHANEL』(シャネル時間)はさらにカラフルになる!」と早くも明かしました。 私に多くのインスピレーションを与えてくれた世界を通してストーリーを語り、私たちのクラシックな作品を再解釈しています。 この限定コレクションのすべてのビジュアル要素は、エレクトロニック・ミュージック・カルチャーから引用され、没入感を生み出しています。この場合のエレクトロニック・ミュージックとは、1990年代の人々のアップビートなナイトライフの雰囲気を表現したもので、国境や感覚を越えて、ストレートな感動を与える芸術表現として親しまれています。 ”

ArnaudChastaingtが説明するように、電子音楽の視覚的な要素を取り入れたDJセットを自らアレンジし、さまざまなシャネルのクラシックウォッチを解釈しています。 黒と色のコントラストは、ショーのスタイルの中心です。色は黒を照らし、黒の深さは色と対照的です。 この組み合わせは先駆的なもので、鮮やかで没入感のある強いビジュアルコントラストを提示しています。

リズミカルなダンスパフォーマンス

J12ELECTRO 時計

2021年のシャネルの新しいJ12を体験してください。まずはJ12ELECTROから、その後の一連の素晴らしいクリエイションの方向性を示しています。 ファインセラミックとスチールを組み合わせた最も象徴的なブラックのJ12ケースに、カラーネオンカラーのインデックスをあしらったブラックラッカー仕上げのダイアルが映えるモデルです。 また、逆回転防止ベゼルには、カラーネオンカラーのインデックスが施されています。 ベゼルを手で回すと、2つの虹が速くも遅くも交錯し、大都市の栄光、現代社会のダイナミズム、目まぐるしい変化を思い起こさせ、無限のインスピレーションを与えてくれます。

J12ELECTRODREAM 時計

J12ELECTRODREAMは、クラシカルなホワイトプレシジョンセラミックとホワイトゴールドケースを組み合わせたモデルです。 最も印象的なのは、空にかかる虹のようなグラデーションを描く12色のサファイアを配したベゼルで、文字盤に配された12個のバゲットカットダイヤモンドのインデックスと相まって、その美しさを引き立てています。

J12 ELECTRODREAM ウォッチ

もちろん、異なるテイストを持つバイヤーは、白に依存して作られた同じクラシックなブラックバージョンの腕時計の別の側面を選択することもできます。 ピュアでありながら、華やかな個性が魅力です。

J12 ELECTROSTAR 時計

バゲットカットのダイヤモンドをセットしたJ12 ELECTROSTARは、明るくきらびやかで、ラグジュアリーなタッチのウォッチです。 よく見ると、ストラップのサイドにはカラフルなサファイアのグラデーションが施され、手首を包み込むように、ミステリアスでサイケデリックな魅力を放っています。 光の変化で時計の顔も揺らぎ、遊び盛りの子供から堂々とした貴公子へと変身するのです。

ブラックのローターに、虹色のサファイアをセッティング

ここにも小さな秘密があります。この時計のブラックのローターには52個のバゲットカットのイリゼントサファイアもセットされ、外側の変化と呼応しながら、その心は常に回転し変化し、その微妙な動きをマスターできるのはオーナーだけなのです。

J12X-RAYELECTROウォッチ

J12X-RAYELECTROは、白と黒の絶対的な区別から脱却し、周囲の世界の色を映し出す完全な透明設計で、動きとは異なる光と影の霞みを表現しています。 極めて難易度の高いサファイアクリスタルのケースと文字盤には、バゲットカットのサファイアのインデックスもセットされています。12個のグラデーションカラーのサファイアが文字盤にかかるように、このダイナミックで変化する美しさを光の流れを通して常に表現しています。

J12X-RAYELECTROに搭載されたキャリバー3.1ムーブメント

遡ること2018年、BOY-FRIENDは初めてスケルトン仕様の高級時計用ムーブメント「キャリバー3」を搭載していました
J12X-RAYELECTROのキャリバー3.1は、ムーブメントの機械的機能にあまり関心がない人でも、サファイアクリスタル製の透明なブリッジとスケルトンブリッジによって、特に動作時には最大限の光を通し、その機械の神秘を見ることができ、目を楽しませてくれるでしょう。 実際、シャネルは自社専用のムーブメントを製造することで多くの経験を積んできました。 2018年に発売されたBOY-FRIENDのスケルトンウォッチは、当時、レクタンギュラーケースに収められた新ムーブメントであるブランド専用の高級時計キャリバー3が搭載されていたが、今年のJ12X-RAYELECTROに搭載されたキャリバー3.1は、これを機構から形状、新材料の使用まで大幅に改善したものである。 J12X-RAYELECTROは、メカニックから形状、新素材の使用まで、今までにない斬新な時計に仕上がっています。

J12ELECTROBOX
J12ELECTROBOXは、12本のJ12ウォッチが、広いリビングルームのマルチパネルのように黒塗りのボックスに展示され、それぞれの時計はユニークなモデルで、ユニークなボックスに収められています。 ベゼルにはそれぞれ異なる色のサファイアがセットされ、暗い色から明るい色、そして明るい色から暗い色へと色が循環し、まるでグラデーションになった時計全体のリズムの中にいるような、鮮やかでカラフルな雰囲気が独特のコンビネーションを生み出しています。

常に昇華される心

マスターデザイナーであるシャネルは、近年、時計製造の分野でもプロフェッショナリズムを追求し、特に同族会社であるいくつかのハイエンド企業と共生するパートナーシップを結んでいます。

J12 ELECTRODREAMに搭載されたキャリバー12.1
2019年より、J12のアイコンである38mmの高精度セラミックモデルに、スイスの専門ムーブメントメーカーKENISSIが開発した自動巻き機械式ムーブメント「キャリバー12.1」が搭載されました。 このムーブメントは特に装飾にこだわっており、ムーブメントのメッキ仕上げは4種類あり、最もミニマルなバージョンにはロジウムメッキ、J12ケースと特に相性の良いブラックコーティングが施されています。 高級時計のジュエリーモデルでは、ムーブメントのローターにラウンドカットダイヤモンドやバゲットカットダイヤモンドをセッティングすることができます。

機械式ムーブメントについて少し知識のある方なら、70時間という非常に長い駆動時間を実現した新ムーブメント、キャリバー12.1の利点を直にご理解いただけるでしょう。週末に時計を外し、翌月曜日に再び装着しても、停止や再調整を心配することなく時計をお使いいただけます。

J12 ELECTROSTARに搭載されたキャリバー12.1ムーブメント
一方、キャリバー12.1を搭載したJ12ELECTRODREAMは、「色に対する深い黒」というブランドのデザイン哲学に基づき、電子音楽のリズミカルなダイナミズムを表現した黒を基調としたムーブメントです。 一方、J12ELECTROSTARには、サファイアのグラデーションが施されたローターも搭載され、全体のリズムをより一層まばゆいものにする変化を遂げています。 見た目の美しさだけでなく、中身もパワフルなJ12が、新規購入者の注目を浴びているのも納得です。